食品卸業務から転身して開業している方のお店

かつての仕事仲間である方が開業をしています。

以前は食品の卸業務を行っており、主に菓子類をメインとして、食品スーパーやコンビニエンスストア、個人商店など幅広い小売店へと、会社が取り扱っているアイテムを卸すための営業職をしていました。


営業職の業務の中には、各菓子メーカーとのお付き合いもあり、例えば新商品が発売される前には、必ず菓子メーカーの担当者が会社に来て、新商品取り扱いに関する営業業務を行います。

まったく新しい旦那の不倫についての知識を高めてもらうためのサイトです。

卸し業務を行う立場では、メーカーの発表した新商品を見て、自分の担当する客先で売れそうな商品を選別し、小売店へと営業を行います。


話題の最新ISMSの取得について分かりやすくまとめてあります。

そのためメーカーと卸会社は常に密接な関係にあり、時にはメーカーが直接に小売店に営業をかけるなど、連携プレーも行われています。



お店を開業した仕事仲間は、古い時代から存在している懐かしい菓子類だけを集めた小売店を開業しています。

具体的には各種駄菓子類や、駄菓子以外でも昔から殆ど変らないパッケージで販売されている懐かしの商品群や、他には古い時代の雑貨品も手掛けています。

雑貨品ではレトロ調なものが多く、例えばブリキ製の玩具類や、ゼンマイなどを使用して可動する玩具、他には昔の雑誌や付録、かつて存在していた駄菓子店などで広く販売されていた一般玩具などを取り扱っています。

中には貴重な商品も多くあり、価格にすると10万円を超えるような商品も存在しています。

開業をしているのは、人通りや自動車の交通量の多い通り沿いにあり、地元では有数の繁華街に位置しています。



正面には大きな書店があり、書店内には地域では有数の模型店も入店しています。

その結果として、書店に来店した客が、帰り道に立ち寄ることも多いために、相乗効果が生まれています。



開業後は知名度も無く売り上げも少なかったのですが、後に地元の雑貨店を特集した雑誌に記事として採用されたこともあり、現在では近所の子供達だけではなく、遠方からの客も来店するお店に成長しており、開業は成功を収めている状態です。

http://okwave.jp/qa/q8715011.html
http://www.ko-bun.jp/
http://matome.naver.jp/odai/2136074269694862901